2017-2018 © 岩本町芸能社 / 非公式ファンサイト「あんたまにあ活動支援課」

◆2017.7.24 「夏目ハル」生誕祭会場外協力活動について◆

2018年7月24日の「夏目ハル」生誕祭会場内において、会場外整理業務の支援活動を行いました。

◆まずは特設ページから

これまで同様に、会場周辺図や時程表、各種注意事項、二次会情報を揃えて公開。

​テンプレート利用なので、いつもどおり。

◆岩本町芸能社サイドへ支援の提案

これまでの体験会同様、支援の提案は正式に打診することにしました。

今回から「有料抽選」となったため、まず会場内の誘導については基本的にNGとなりました。

この点については、いくらボランティアスタッフと言えども会場内の様子を窺い知る位置に入ることは、ある種、不正にも当たる懸念もありましたので、花陽浴側からもお断りしました。

しかし、会場がわかりにくいということは「栗原桜子生誕祭体験会」時にも、ツイッター上で散見されたことと、今までのファン層とは違う「新規」のファンの方々の来訪も予測されたことから、会場外での誘導と、秋葉原駅から会場への道案内も併せて実施することを提案しました。

一度来たことがある方なら、ある程度の土地勘で可能かもしれませんが、いずれにしろランドマークが少ない土地であることには変わりがありません。

スムーズなイベント進行の助力となるよう、来訪者の誘導に心がけました。

また、都心は連日猛暑日となっていたことや記録的な暑さもあったことから、熱中症患者への簡易的な対応手段記載の用紙を会場内スタッフに手渡し、万が一のことがあった場合は花陽浴に連絡を取るようにお願いをしました。(上級救命講習を受けたあとだったので)

◆慣れてきた運用

今回はこれまでの経験と抽選による会場内への人数制限を課したことで、人員の面では大きな混乱もなく、体験会へ繋げられたものと思います。

しかし、会場外での案内については、予測通り迷子が発生したため、都度誘導を実施しました。

人数は少ないものの、やはり土地勘がなかったり、秋葉原に慣れていない場合、電気街口以外の光景はわかりにくいのかもしれません。

◆反省点

今回は反省すべき点はあまりなかったと思います。

活動場所が限定されていた上、あまり重きを置くような内容ではなかったためです。