2017-2018 © 岩本町芸能社 / 非公式ファンサイト「あんたまにあ活動支援課」

◆2017.9.30 「受付業務」協力活動について◆

2017年9月30日の「スーパーあんたま交流会」に合わせて、受付業務の支援活動を行いました。

とは言え、同年9月24日の会場誘導に比べれば大した作業はしていません。

◆会場スタッフの懸念

これまでの体験会でも運営スタッフは2名。今回ばかりはそんなことはないだろうと思いつつも、会場への誘導で協力できないだろうかと思案。

まずは会場の見取り図を参照すると、今回ばかりは経路に迷うことがないイベントスペース。

2階デッキのエスカレーターを使えば直通で行けるルートでした。

これなら会場誘導は必要ないと思ったので次の課題を思案。

参加表明は約100人。この人数が一気に受付へと走ると混乱しそうなので、この受付に至る過程で何かできないものかと思いついたのが「Twitterプロフィール表示のお願い」看板の作成。

公式でも受付時にはTwitterのプロフィールを確認しますとの案内はあったものの、通知が重複して悪いことはないので、今回も勝手に案内板を作成しました。

◆UDX側への連絡

「しまごん様」企画の色紙プレゼントイベント「しまごんプラン」が並行して行われていた当日でしたので、こちらの準備もしつつ13時過ぎに秋葉原入り。

当面は「しまごんプラン」のお手伝いをしつつ、16時半くらいに「お願い案内板」を持って配置につこうかと思っていましたが、色紙作成中に「UDX警備員」が来襲するというイベントが有り、急遽UDX管理会社に連絡を行い、9月24日同様、会場案内のスタッフを配置する旨を連絡し、快諾・許可を頂きました。

この時、9月革命時にお世話になった管理会社スタッフさんだったので話がトントン進みました。繋がりって大事にしておくべきですね。

◆受付開始の事前連絡

そう言えば受付時間って何時から開始?

しまごんプラン参加者からポロっと出た疑問でしたが、たしかに公式では何も書いておらず、開始時刻のみが記載されているだけ。

早速、公式TwitterアカウントへDMを送って頂き、回答が来たのが16時半。公式のツイートでも周知されましたが、ちょっと遅すぎやしませんかね?というのが率直な感想。

ただ、Tシャツにデカデカと名前が書いてある「あんたまにあ」さんが「しまごんプラン」に参加していただいたおかげで、一旦そちらで待機列的なものが自然と出来上がっていたため、受付開始の情報周知は比較的混乱もなく出来たのではないかなと思います。

◆配置と案内

16時半になって「お願い案内板」を持ってイベントスペース直通エスカレーター前に配置。

上の状況がよくわからないので、果たして効果があったかどうかは最後までわかりませんでした。

ただ、事前準備を予めお願いすることで、運営スタッフ、参加者ともに大きく混乱すること無く進められたのではないかなと勝手に予測、考察しています。

ちょっとした気遣いでも、忘れている人や知らない人にも注意を促せますからね。

​なお、今回は花陽浴ひとりで行いました。

当日使用したお願い案内板