2017-2018 © 岩本町芸能社 / 非公式ファンサイト「あんたまにあ活動支援課」

◆ えのぐみ ◆

​「えのぐみ」とは、Aboutページにも記載していますが、VRアイドル「えのぐ」を

応援する​ファンのことを指します。

​ここでは、そんな「えのぐみ」交流のためのヒントを列挙します。

▼始まりは少人数だったんです
最近「えのぐ」を知った人だと知らないかもしれませんが、もともとは「大爆死した」話題から始まった岩本町芸能社。
2017年8月11日のコミックマーケット92で初お披露目となった「鈴木あんず」「白藤環」でしたが、公式のTwitterアカウントフォロワー数が10000人でデビュー決定という条件のもと、コミケ3日間を一生懸命駆け抜けました。
しかし、結果は400人止まり。
それでも岩本町芸能社は「何とかデビューさせたい」一心で営業を続け、二度目のチャンスを得ることができました。
そして「全国行脚」の開始となります。
​まずは「あんたま」を知ってもらおう!「VR」を体験してもらおう!というのが趣旨。
それでも、最初はご覧の通り。閑古鳥が鳴いている、と言っても過言ではなかったんです。
​「えのぐみ多いな!」という状況になったのは2018年4月を過ぎてから。
​少しずつですが、着実にファンも増え、体験会は大盛況で、ライブビューイングでもサイリウムで目が眩むほどになってきました。
さて、そんな「えのぐみ」
いつからか「部活動」なんていう「同じ趣味を持つもの同士」のコミュニティが出来たりと、えのぐ以外での活動があります。
また、体験会やライブ会場でも見知った顔があれば、プチオフ会するなど、その場はどこにでも広がっています。(路上や人の迷惑となる場所は弁えましょう)
一方で「今日、初めてなんですけど…」という方には、既に出来上がったコミュニティに突撃するのは、なかなか難しいですよね?
集団の中に一人飛び込むというのはなかなか勇気が要るものです。
ただ、何度も体験会やライブビューイングに参加している人も、以前は「初めてなんですけど…」という状態であり、その方々も勇気を出して隣の人に声を掛けてみたり、ちょっと目立つ格好をしてみたり。
いろいろな工夫などをしてきて、今があることをご理解頂ければと思います。
◆まずは名札・名刺を作ろう◆
社会人なら「お硬い」名刺や社員証は見慣れていると思いますが、まさにそれです。
やっぱり、話すにも「名前」すら知らないのは、良いものではありません。
そこでせめて「名札」があれば、話しかけるキッカケのひとつにもなります。
ちょっとでも話す機会があれば、さらに名刺を配ると効果的です。
なんといっても「えのぐみ」は増える一方。
人の記憶力には限界がありますので、今日話しかけてきた人をすべて覚えているわけではありません。
次に会ったとき、あなたは覚えていても、相手は覚えてくれていないこともあります。
そういった場合でも「名札・名刺」があると、思い出すキッカケにもなります。
そんな事言われても、作ったこと無いし。
まずは、実際に使われている「名札・名刺」をご紹介します。
基本的には「Twitter」で使用している名前をそのまま使っている方が多いですね。
先にも記載しましたが「あんたまデビュー」には「岩本町芸能社公式Twitterアカウント」のフォロワー数が必要だったため、その流れからTwitter主流のコミュニティとなっています。
Twitterアカウントを持っている人は、その「アカウント名」と「ID」を記載しておくと良いでしょう。
Twitterアカウントがない人は「本名」でも良いですが、プライバシーに関わってしまうので、何かしらの「ニックネーム」などを用意しておくと良いと思います。
​実際、えのぐみ間で「本名で呼び合う」というのはなかなか稀だと考えています。
オンラインゲームなどのオフ会でも「プレイヤー名」で呼ぶのがほとんどで、ネット上の付き合いだからこその文化とも言えます。
使用している画像についても同じで、Twitterのアイコンやヘッダーをそのまま流用している方が多いようです。
公式で公開している「えのぐの写真」を用いている方もいらっしゃいますし、他にも「えのぐの絵」を描かれる、通称:絵師さんは、自ら描いた画像を用いる場合もあります。
しかし、他のえのぐみ(絵師)の方が描いた「えのぐの絵」を使用する場合は、勝手に使用せず、事前に必ず使用の許可を取りましょう。
◆話しかけてみる◆
それが出来れば苦労しない!というのも十分にわかります。
しかし、周りを見渡してみましょう。えのぐ好きしか居ないはずです。
つまりは、えのぐの話さえしてしまえば誰とでも話は弾むはず!
そこで、きっかけ作りになるのが先程の名札、名刺です。
これを渡しつつ「こういう者です。よろしくおねがいしますー」と一言話すだけです。
​今、仲よさげに話している「えのぐみ」も、初めはこうして名札を見せあったり、名刺交換したりして仲を深めたものです。
​大丈夫です! みんな、えのぐ大好き、えのぐみ!
​語り合える仲間が増えると、もっと楽しくなるはずです。