2017-2018 © 岩本町芸能社 / 非公式ファンサイト「あんたまにあ活動支援課」

VR機材ってなーに?

​岩本町劇場の情報公開によってあんたまにあ、えのぐみの間に

「VR機材ってなんだ?」「何を買えばいいの?」

という疑問が散見されました。

あんたまにあ活動支援課では、web情報などを元にVR機材って

そもそもなんだ?という部分からざっくりまとめてみようかと思います。

なお、掲載情報はあんたまにあ活動支援課調べです。

​実際のものとは異なる場合がありますので、参考程度にご活用ください。

◆略称が紛らわしいんだよ…

既に市場にリリースされているVR機材を調べる上で、若干「邪魔くさい」単語の違いを軽くご説明します。

・VR (仮想現実:Virtual Reality)

パソコンやゲーム機などを使用し、現実に似せた仮想空間を作り出し、まるでその場にいるような感覚を体験できる技術のこと。

主に「Oculus Rift」「HTC VIVE」「Play Station VR」などのデバイスが挙げられる。

・AR (拡張現実:Augmented Reality)

スマートフォンのカメラで撮った映像にCGのキャラクターなどを配置するなどの方法で、現実の世界に仮想現実の世界を反映する技術。

主に「スマホアプリ」で使われ、代表的なものに「Pokemon GO」などが挙げられる。

・MR (複合現実:Mixed Reality)

CGなどの仮想空間とカメラなどを通して得られた現実世界を融合させる技術。

VRでは全てが仮想であるのに対して、MRでは現実世界の映像にARの技術を活かしたCGなどを反映させ、仮想と現実を混ぜ合わせた空間を体験することができる。

主に「Microsoft HoloLens」などが挙げられる。

「Acer Windows MR」は「MR」と付いているものの、現状では「MR非対応」。VRのみが楽しめるとのこと。

・SR (代替現実:Substitutional Reality)

現在、研究・開発中の技術。決してレアリティ表記ではない。

360度カメラなどで撮影し、現在見ている映像と、事前に撮った映像とを入れ替え、その事前に撮った映像で起きた体験を追体験できるというような技術のこと。

​まだ、実験段階なのでデバイス等は市場に出ていない。

「メーデー民」お馴染みの事故原因調査で使われるフライトシミュレーターで事故機の様子を再現、というのが近いかもしれない。

ざっくりまとめると…

 VR → 全てCGなどでできた仮想空間をHMDなど使用して、その場にいるような体験ができる。

 AR → カメラなどを使って現実の世界を映し、そこにCGなどを書き加えて表現をする

 MR → VRとARの合わせ技で現実と仮想が組み合わさった世界を、HMDなどを使用して体験できる。

 SR → 現実世界で起きた現象を追体験できる。VR、AR、MRとは別物。

​これらの違いから、以下、VR機材を中心にまとめます。

◆まずはVR機材の違いから

既に市場にリリースされているVR機材は、いくつかのタイプに分けられます。

この違いを十分に把握していないと、せっかく買ってもコンテンツを楽しめないということもありますので注意が必要です。

​特に価格には大きく差がありますので「安物買いの銭失い」や「高い授業料」とならないようにしましょう。

◆HTC VIVE / Oculus Rift

おそらくVR市場ではこの2台が有名。機能の差異は若干あるものの、だいたい同じことができます。

​各種センサーによって、頭の向きや高さ、手のモーション、立ち位置などをトラッキングし、VRコンテンツで反映することができます。

​使用するにはパソコンが必須で、更にモーション機能を使おうと思うなら、そこそこの広さを持つ部屋も必要となります。

◆PlayStation VR

みんな大好き「PlayStation4」で使用可能なVR機材。

これ買えば「PS4」と「岩本町劇場」両方行けるんじゃね?と安易に買うのは辞めましょう。

非公式アプリなどを使ってPCゲーム販売サイト「Steam」で配信されているゲームをPSVRで楽しむことはできるようなので、PS4以外のデバイスへの転用は可能なようですが、非公式の方法ですので、全て自己責任となります。

◆Oculus GO

Oculus Riftと同じブランドでスタンドアローン型VR機材。

無線化、廉価、必要周辺機材なしという3点から、つい手を伸ばしたくなりますが、Oculus Riftとは大きく機能が異なります。

頭の回転はトラッキングできますが、頭の高さはトラッキングされず、また手の動きもリモコンの動きしか対応していません。

​加えてバッテリーは2時間程度しか持たないため、長時間コンテンツ向けではないことにも注意です。

◆Gear VR

Samsungが送るスマートフォン「Galaxy」などを使ってVRを体感する機材。

​前提としてハイエンドスマートフォンなどを必要としますので、本体よりもスマートフォンのほうが高かったり。

機能上はOculus GOと違いがない形で、頭の回転は検知しますが、頭の高さや手の動きなどは検知しません。

◆ハコスコ

VRを語る上では、お話ならない。

形が似ているだけで、VR機材としてはまったく用途をなさない。​

岩本町芸能社への愛だけでは越えられない壁がある。

◆で、結局何を買ったらいいの?

答えは「HTC VIVE」または「Oculus Rift」になるかと思います。

岩本町劇場のためだけではなく、VRコンテンツ市場には多種多様なものが常にリリースされ続けていますので、VR市場のこれからを楽しむ上では、これら2機種になるでしょう。

​また、2大機種となっているため、ユーザーのノウハウ集や活用方法、トラブルシューティングがweb上に公開されており、各コンテンツのサポート範囲もこれら2機種であれば、カバーしている確率は非常に高いと見られます。

​ただし、岩本町芸能社が岩本町劇場鑑賞に際して必要となる推奨環境を公開していないため、オーバースペックとなる可能性もありますので、お財布と要相談です。

◆よし。まずはVR機材を買うためのパソコンを考える。

先に記載したとおり「Oculus Go」は単体で楽しめるため周辺機材は必要ありません。

また「Gear VR」もハイスペック寄りのスマートフォンさえ購入すれば問題ないでしょう。

一方で​「HTC VIVE」「Oculus Rift」を購入する場合は、周辺機材としてパソコンが必要になります。

接続できればいいか、というわけでもなく、各機材の最低環境以上のパソコンを買う必要があり、特にグラフィックボード性能は特に重要となります。​

VR機材向けのパソコンの価格は約13万円~約25万円程度で、高ければ高いほど必然的に性能は良くなり、安ければVR機材の最低環境に近くなり、動作にも制限が出たりします。

​約15万円~約20万円程度のクラスを選択しておけば、ほぼ問題なくVR機材とVRコンテンツを動作させることができるでしょう。

構成内容や細かいスペックについては、VR機材の説明の後に行います。

​とりあえず、このくらい掛かるんだな、と言うことを抑えておきましょう。

◆VR機材を買いたいけど、VIVE? Oculus?

どちらもVR機器の中では主流とも言えます。​多くのコンテンツはどちらの機器もサポートされているので、細かい性能や見た目、可能であれば付け心地や実際の没入感などを確認した上で購入できれば、なお良いと思います。

決して安くない買い物となりますので「とりあえずこれでいいか」と妥協せず、せっかくだからこれを買おう、という買い方が良いかもしれません。

本体価格

実売175000円前後※1

実売70000円前後

実売65000円前後

HTC VIVE Pro

HTC VIVE

Oculus Rift

​解像度

有機EL 1440×1600 2枚

616ppi

有機EL 1080×1200 2枚

438ppi

有機EL 1080×1200 2枚

438ppi

視覚野

110度

110度

110度

重量

700g前後※2

468g

470g

リフレッシュレート

90Hz

90Hz

90Hz

位置トラッキング方式

アウトサイドイン方式
(付属ベースステーション)

アウトサイドイン方式
(付属ベースステーション)

アウトサイドイン方式
(付属赤外線センサー)

対応OS

Windows8.1以上

Windows7 SP1以降

Windows8.1以上

CPU

Corei5-4590

またはAMD FX8350以上

Intel Core i5-4590

またはAMD FX 8350以上

Intel Core i5-4590

またはAMD FX 8350以上

グラフィック性能

NVIDIA GTX970/1060

またはAMD Radeon RX 480/R9 290同等以上

NVIDIA GTX970/1060

またはAMD Radeon RX 480/R9 290同等以上

NVIDIA GTX960/1050Ti

またはAMD Radeon RX 470/R9 290同等以上

メモリ

4GB以上

8GB以上

4GB以上

必要ポート

USB3.0ポート×1
DisplayPort 1.2
Bluetooth

HDMIポート×1
USB2.0ポート×1

HDMIポート×1
USB3.0ポート×3
USB2.0ポート×1

 

※1…フルセット版の価格。旧HTC VIVEがある場合は、アップグレードキットがあり、こちらは実売10万円前後。

​※2…公式の情報がなく、購入したユーザーのレビューや、各記事の重量増加分から算出。

結論としては「HTC VIVE Pro」​が一番性能がよく、解像度も大きいため、より大きな映像を鮮明に楽しむことができますが、代償としてかなり高額で、そこそこ高性能なパソコン本体すら買えるレベル。

まだ発売から間もないため、近日中に価格改定されることはないと思われます。

しかし「Pro」の発売により、HMD部分をアップグレードする、という一つの方針が提示されました。

このことから、今後も含め「HTC VIVE」シリーズで行く場合は、まず「HTC VIVE」を購入しておき、今後「HTC VIVE Pro」の値下がりやお財布の状況次第で、HMD部分を置き換えるという運用も可能でしょう。

一方「HTC VIVE」と「Oculus Rift」の間では大きな差はなく、ほぼ同程度。性能の上ではどちらを選択しても同じ状況で利用可能でしょう。

なお、コントローラーの形状が異なり「HTC VIVE」はスティック型でコンパクトなのに対し、「Oculus Rift」は似た形状でありながら、センサー部分がやや大きく取られています。

「Oculus Rift」の後継機については、スタンドアローン機「Oculus Go」をリリースしたばかりなので、「Rift」の後継は、まだ噂すら立っていない状況です。

​市場では「HTC VIVE」が優位に立っているとされており、「Oculus」側は「Oculus Go」などに見られるように、高価・高性能路線とは別の市場開拓(ミドルクラス化)を進めるかもしれません。

◆で、パソコンを選定しよう。

VR機材の概要は、先の記事でだいたい把握できたと思います。

機材によって多少の差はありますが、一方でパソコンの方はほぼ共通仕様と言っても過言ではありません。

VR機材の紹介では、必要ポートがバラバラでしたが、VR機材を扱うレベルのパソコンとなると、必然的にやや高スペックパソコンに限定されてくるため、そのスペック帯で不足しているものは、まず無いと言えます。​

なお、昨今のVtuberなどの人気により、VR向けPCというものが販売されるようになりました。

基本的にはデスクトップ型中心ですが、高スペックゲーミング用ノートパソコンでもVRを扱うことは可能です。

しかし、小型化に伴う高価格化と冷却問題、必要な接続ポート不足があるため、余程の理由がない限りはデスクトップ型にしましょう。

※以下、アフィリエイトの類ではないことを前置きしておきます。

価格帯としては下記の3つに分けられます。

・VR最低環境付近:10万円~13万円程度

・VR推奨環境付近:15万円~18万円程度

・VR推奨環境以上:20万円以上

VR機材を積極的に推すドスパラと、6月からVR向けパソコンのモデルを発表したツクモの2つのブランドから、それぞれパソコンの一例を使って具体的な価格帯を示します。

VR最低環境は動作の最低条件を満たしたパソコンの構成価格帯です。動くことは動きますが、高負荷に耐えきれず、コンテンツによってはフリーズなどを起こしたり、描写が満足に行われない可能性があります。

ただし、普段遣いのパソコンとしてはミドルスペック以上なので、感覚が麻痺しないようにしましょう。

 ▼ドスパラ(一例)

  GALLERIA XJ 約14万円

 ▼ツクモ

  G-GEAR 「VIVE Ready PC」 ブロンズモデル 約12万円

VR推奨環境付近としては15万円から20万円以下の価格帯が挙げられます。

この付近の構成価格帯では、VR機材の性能を十分に引き出し、描写には特に問題は発生しないでしょう。

ただし、処理が非常に重たくなるようなコンテンツでは、もたついたりする可能性はあります。

​FF14などのPCSゲーム推奨モデルがこのあたりの価格帯にもなっています。

 ▼ドスパラ(一例)

  GALLERIA XV 7500 約16万円

 ▼ツクモ

  G-GEAR 「VIVE Ready PC」 シルバーモデル 約17万円

VR推奨環境以上では20万円以上の構成価格帯となり、普段遣いパソコンとしては完全にオーバースペックとなります。

FF14推奨パソコンの価格よりも遥かに高額なことから、とてもすごいぱそこん!というのはわかるかと思います。

このレベルになるとVR機材の性能を十分に活かしつつ、あらゆるコンテンツを快適に楽しむことができるでしょう。

 ▼ドスパラ(一例)

  GALLERIA XG 約19万円

 ▼ツクモ

  G-GEAR 「VIVE Ready PC」 ゴールドモデル 約22万円

これら以外にも自作したり、他のモデルを選びたいと言う方は、下記の指標を使うと良いかもしれません。

搭載しているグラフィックボードで選定するというやり方です。

・NVIDIA GeForce GTX1060 = 最低環境

・NVIDIA GeForce GTX1070 = 推奨環境

・NVIDIA GeForce GTX1080 = 推奨環境以上

一番確実なのは店員さんに相談してしまうことですが、VR対応のパソコンは基本的に「NVIDIA GeForceシリーズ」と言われるグラフィックボードを主に積んでいますので、一つの指標にして見てください。